就労ビザ

株式会社One Terraceは東京都中小企業振興公社「事業可能性評価事業」評価企業に選ばれました

右から事業可能性評価事業 統括マネージャー 宮部徳昭(みやべ のりあき)様、株式会社One Terrace代表取締役 石中達也(いしなか たつや)

株式会社One Terraceの「外国人財採用促進に伴うシステム開発事業」は、公益財団法人東京都中小企業振興公社の事業可能性評価事業で「事業の可能性あり」と評価されました(平成30年度5月期)。どのような点が評価されたのか、株式会社One Terrace 代表取締役・石中 達也(いしなか たつや)が、東京都中小企業振興公社の事業可能性評価事業 統括マネージャーの宮部 徳昭(みやべ のりあき)様にインタビューをさせていただきました。

公益財団法人東京都中小企業振興公社の「事業可能性評価事業」とは?

東京都中小企業振興公社は、都内中小企業に各種支援事業を提供し、東京の経済の活性化と都民生活の向上を目指すため、東京都により設立された公益財団法人です。都内の中小企業に対し、経営の相談や専門家の派遣、人材育成、助成金など、ソフト面と資金面の両面から支援をしています。
https://www.tokyo-kosha.or.jp/support/shien/hyoka/index.html

―事業可能性評価事業の仕組みについて教えてください。

公益財団法人東京都中小企業振興公社(以下、中小企業振興公社)
「事業可能性評価事業は、都内中小企業の新規事業計画に対し、客観的に事業性を評価する支援制度です。お申し込み後、まずは申込企業様の業種業態に合わせて選ばれたマネージャーが面談にて詳細を伺いアドバイスします。面談で事業可能性が高いと判断された計画は、評価委員会に上程されます。年間の申込企業数がだいたい100件から120件の間で、その中で委員会に上程されるのがだいたい30~40件程度(約3割)です。委員会でも「事業の可能性あり」と評価されれば、事業化・経営安定化に向けて、公社が継続的な支援を原則3年間行います。」

―事業可能性評価事業で企業を選考する基準とは?

事業可能性評価事業 統括マネージャー 宮部徳昭(みやべ のりあき)様

中小企業振興公社
「事業可能性評価委員会の採点基準は5つあります。第一に経営者さまの実績や情報収集力、そして、人材や資金力です。2つめに、市場開拓力、営業力。3つめが技術力(独自性・新規性)。非常に重要視するポイントです。4つめが商品力。市場性があるかどうか、その中でどのような差別化ができるかという点。最終的にそれらを全部ふくめて事業の成長性を評価します。

これらの視点から、事業可能性評価委員会の委員が検討をします。上程された企業様は、そこに行くまでにすでに事業計画がしっかりとブラッシュアップされていますので、かなりの割合が「事業の可能性あり」という評価になっています。」

―どんな企業による申し込みが多いのでしょうか?

中小企業振興公社
「最近の傾向といたしましては、申込企業様にIT系企業が増えていますね。とくにこの1~2年はIoTやAI関連事業が増えているという印象があります。かつては申込数の半分ぐらいを占めていたモノづくりは2割ぐらいに減っています。」

「事業可能性評価事業」で株式会社One Terraceが評価されたポイント

中小企業振興公社
「株式会社One Terraceは社会の流れと顧客ニーズ(海外からの優秀な労働者を受け入れていく)をしっかりとらえているという点を評価させていただきました。能力・スキルの高い外国人材を対象としていること、また、外国人材の受け入れ先として中小企業向けにサービスを展開していること、採用からビザサポート、研修までがワンストップであることも評価させていただいた点でした。中小企業様にとっては外国人社員が入社した後もフォローがあるのは心強いと思いますが、ここまでをワンストップでやれる企業はあまりないと思います。」

株式会社One Terrace代表取締役 石中達也(以下、石中)
「海外からの人材が増えていく中で、中小企業の皆様にとって外国人材採用のハードルは高いという実感があり、どういう外国人を採用すればいいかわからない、ビザの手続きがわからない、採用後の手続きもよくわからない、というお悩みを聞き、日本社会にこれらをサポートできるサービスが必要だと思いましたので、こういったサービスを提案させていただきました。事業性を評価頂けてうれしいです。」

中小企業振興公社
「株式会社One Terraceさんには、いいタイミングで評価を受けていただけたと思っています。本格的に開発を開始する前に評価事業を受け、事業計画を精査し、資金調達を行い開発をする、そして少しずつ売り上げも上がっていく、というプロセスを上手く実行していらっしゃると思います。

新しい事業をやろうとする方は、どうしても資金調達が必要になりますが、調達経験が不足しているために、良いビジネスなのに金融機関に事業計画がうまく説明ができない、わかってもらえないというケースがあります。第三者の評価を受けることで、どんな人が見てもわかるような事業計画を作っていただけたと思います。」

経営戦略課 新事業創出係 主任 中小企業診断士 清水美里(しみず みさと)様

石中
「そうですね、私は自分の「想い」が原動力になっており事業を進めようとしますが、経験のある専門家の方々が時間をずいぶん使って、ロジカルに事業計画、資本政策、情報収集などアドバイスをしてくださいました。企業のネットワーキングのためのイベントも主催してくださって、横のつながり、販路開拓にも力を貸していただいています。

選考の過程で数多くの多忙な委員の方々を前にプレゼンをできたのも良い経験でした。このサービスの必要性をご理解いただくように説明する中で、俯瞰して考えることができました。」

事業可能性評価事業は信用と同時に親身なアドバイスを与えてくれる

石中
「事業可能性評価事業では、「事業可能性あり」という評価にとどまらず、3年間担当マネージャーがついてくださり、定期的にフォローしながら、「ここをこうすればいいのではないか」のように、かなり細かいフィードバックをしてくださいます。一緒に走るビジネスパートナーのようで、当社にとって本当にありがたいと思っています。もちろん、事業の評価をしてくださることで、借入の信用力もつきました。」

中小企業振興公社
「成長のためには、もう少しフォーカスして絞り込んではどうかというアドバイスもさせていただきましたね。5万社以上を対象としたサービスを想定していますが、対象が広ければ広いほど、やれることが一般化して特色が薄まり、ターゲティングがぼやけてしまいます。結果として、ビジネスにつながらないことが増えてくることが想定されましたので、そこを磨き上げてみては、とアドバイスをさせてもらいました。いわゆる集中戦略です。」

―起業家へアドバイスをしている方々のバックグラウンドを伺えますか?

中小企業振興公社
「担当マネージャーの多くが民間企業の事業企画やマネジメントの経験者です。即戦力として中小企業様を支援しています。熱意はあるが起業したばかりという起業家さまに、資本関係や利害関係がまったくない中立の立場から、経験豊富で客観的な視点のアドバイスができます。中小企業振興公社は、東京都の監理団体ですのでアドバイスは無償であり、都内の中小企業様への長期的サポートを通して次の世代へ豊かな社会を引き継いでいくための貢献を目指しています。」

―マネージャーと担当企業のマッチングはどのように?

中小企業振興公社
「マネージャーのバックグラウンド、タイミングを踏まえてアサインします。株式会社One Terraceを担当している坪井マネージャーの場合は、Webサービス系企業、製造業での経験がありますのでバックグラウンドはぴったりといえますね。マネージャー1人が10社以上を担当します。相当な仕事量ですが、こういった事業支援をしたくて入ってきた熱意がある人ばかりです。

マネージャーは民間企業を経験し、自分のスキル経験を次の世代に役立てたいと考えている者がほとんどです。私自身はもともと精密機械企業の海外事業経験が長く、その後、外資系企業の日本代表を経てこちらにきました。」

石中
「宮部さまご自身も海外にいらした経験が長いから、就労ビザ取得が大変である点もすぐに理解していただけたのですね。坪井マネージャーさまのIT業界でのご経歴といい、宮部さまの海外畑でのご経歴といい、当社の事業内容を理解していただくうえで、たいへん親和性が高く、ラッキーだったことが今日わかりました。」

結果を出せる評価企業に共通するのは「柔軟さ」を活かした展開

左より、事業戦略部 経営戦略課 新事業創出係 マネージャー 坪井豊明(つぼい とよあき)様、株式会社One Terrace代表 石中、事業可能性評価事業 統括マネージャー 宮部様、経営戦略課 新事業創出係 主任 清水様

―事業可能性評価事業の評価企業の中で、結果を出せる企業に共通する特徴や姿勢はありますか?

中小企業振興公社
「評価を受けた事業内容から、大きな変化を経てブレークスルーする企業様も多いという印象があります。環境に応じて柔軟に成長をしていく企業ですね。もともとの強みを活かしつつ、外部環境の変化や顧客のニーズを見極められる企業が伸びている印象があります。こういった評価企業の大企業に成長された企業や、海外でも高い評価を得た企業様もいらっしゃいます。」

石中
「株式会社One Terraceも、地方銀行様との提携に向けた動きを模索するなど、仕組みづくりから新しいチャレンジを行っています。商社時代に長期的なビジネスを築く大切さを教わりました。ベンチャーなので目先はものすごく大事ですが、いつも世の中でどのようなあり方が良いのか、その仕組みを三方良しで創れるように動いています。また私自身海外での勤務経験も経て、外国で働く難しさも実感しました。日本で外国人の方と一緒に働くことは当たり前になりますが、いかにお互いを尊敬し信頼し合って働ける社会を築けるか、その一歩にこのWork Visaがなっていければと思っています。中小企業振興公社のように、チャレンジを支援してくれる人や社会があるから一歩踏み出せているので、少しでも応援してくださった方に御礼ができるように引き続き頑張っていきたいと思います。」

中小企業振興公社
「柔軟な経営で、中小企業のグローバルな採用に貢献され、大きく成長されることを期待しています。」

東京都中小企業振興公社「事業可能性評価事業」評価企業に選ばれた、株式会社One Terraceの「外国人財採用促進に伴うシステム開発事業」のサービスはこちら。

無料お役立ち資料をダウンロード

初めての外国人採用、外国人雇い入れ時に読む冊子シリーズ、人事向けビジネス英語フレーズなどのお役立ち資料をご自由にダウンロードいただけます。

資料についてのご質問はお問い合わせぺージよりご連絡ください。

無料ダウンロードはこちら